脂肪を燃焼させてメタボを予防!

説明します

メタボリックシンドロームとは?

今ではあたりまえのように使われている「メタボ」という単語。
しかし、メタボ(=メタボリックシンドローム)とはそもそも何でしょうか? まずはメタボリックシンドロームについて基本的なところを確認しておきましょう。

「メタボ体型」と聞くと、腹が突き出た肥満体型のことを連想しますが、このことからも肥満=メタボという認識が浸透しているように思われます。

でも、メタボ体型だからといって、直ちにメタボリックシンドロームなのかといえば、そうではありません。

ではどうなったらメタボリックシンドロームなのか。

それを知るにはメタボリックシンドロームの診断基準を確認すれば早いですね。

メタボリックシンドロームの診断基準は2段階になっています

まず、第一段階として、腹腔内脂肪蓄積という診断項目があります(必須項目)。

具体的には内臓脂肪量が男女とも100平方cm以上で該当者ということになります。
本来はCTスキャンなどで測定する方が望ましいのですが、なかなかできませんので通常は簡易方式として、ウエスト周囲長を測定します。ウエスト周囲長とは臍(へそ)まわりのことです。

このウエスト周囲長が、男性85cm以上、女性90cm以上なら該当者である、としています。(立ったまま、軽く息を吐いた状態で測ります)

次に第二段階ですが、上記に該当した上で下記のうち2項目以上あてはまるとメタボリックシンドローム該当者と診断されます。

  • 空腹時高血糖:110mg/dl以上
  • 高血圧:最大血圧130mmHg以上、最小血圧85mmHg以上
  • 脂質代謝異常
    高トリグリセリド血症 150mg/dl以上、低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満

第二段階は少々ややこしいのですが、血圧測定や血液検査で判明した数値を見れば判定は容易です。

このような診断基準からわかるように、メタボリックシンドロームは、内臓脂肪量がポイントで、これが異常に蓄積された状態で、なおかつ、糖尿病や高血圧、高脂血症などを併発しているケースを言います。

最近の研究で、内臓脂肪の異常蓄積に糖尿病、高血圧、高脂血症が重複して発症すると、動脈硬化のリスクが飛躍的に高まることが判明しています。これら4つの危険因子を3〜4つ併せ持つ人は全く持たない人に比べて31倍も心臓病の発症リスクがあるとのこと。要注意です。

男性の方が内臓脂肪がつき易い!

ところで、メタボの診断基準の中のウエスト周囲長ですが、

 男性85cm以上、女性90cm以上

となっていることに、疑問をもつ人は多いのではないでしょうか。

なぜ、男性より女性の方が基準が緩いのか・・・。

男性の方が体格も大きいのが普通なのにおかしいのでは?

もっともな疑問で、現に外国では男性の方が基準値が大きいところもあると聞きます。

しかし、この基準値には明確な根拠があります。下表を見て下さい。

ウエスト周囲長と内臓脂肪面積の関係

内臓脂肪面積男性ウエスト周囲長女性ウエスト周囲長
 30  77.5  78.0 
 40  78.6  79.7 
 50  79.8  81.5 
 60  80.9  83.2 
 70  82.0  85.0 
 80  83.1  86.7 
 90  84.2  88.5 
 100  85.3  90.2 
 110  86.4  92.0 
 120  87.5  93.7 

単位:内臓脂肪面積は平方cm ウエスト周囲長はcm

このように統計データでは、危険ゾーンの内臓脂肪面積100平方cm以上に該当するウエスト周囲長は男性で85.3cm以上、女性で90.2cm以上、となっています。

これは、男性の場合、皮下脂肪がつきにくい反面、内臓脂肪がつき易い・・・逆に女性は皮下脂肪がつき易いかわりに、内臓脂肪がつきにくい・・・という性差が実際にデータとして表れているのです。

肥満の体形にリンゴ型と洋ナシ型があるのをご存知でしょうか?

リンゴ型は男性に、洋ナシ型は女性によくある体形ですが、リンゴ型は内臓脂肪蓄積タイプの、洋ナシ型は皮下脂肪蓄積タイプの肥満であることが知られています。

これらのことから、男性は内臓脂肪がつき易いため、女性より小さいウエスト周囲長で危険ゾーンに入ってしまう、ということがわかります。基準値が男性の方が厳しいのはそういう理由からです。

メタボリックシンドロームの現状

  • メタボリックシンドロームの年代的特徴
    メタボリックシンドロームが強く疑われる人とその予備軍と考えられる人を合わせた割合は男女とも40歳以上で特に高いことが分かっています。
  • 具体的な調査結果
    平成16年国民健康・栄養調査結果によれば、40〜74歳でみると、実に男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備軍であるとの結果が出ています。

メタボを予防するには・・・

まずは内臓脂肪をためこまないこと。内臓脂肪がその他の危険因子(高血圧や糖尿病、高脂血症)の原因になっているとも言われていますので、元を断つ意味でもこれが重要です。

内臓脂肪を蓄積しないためのポイントを3つ挙げるとすれば・・・

この続きはコチラで「いいね!」ボタンを押せば読めます。